プロペシアジェネリック副作用

 

育毛剤全般に言えるのは、命にかかわるような副作用は報告されていないということです。

 

主な成分である「フィナステリド」の副作用については、勃起不全、性欲減退、精子の異常、ぺイロニー病、蕁麻疹、倦怠感、うつ病、頭痛、嘔気、嘔吐、掻痒感、不妊、更年期障害、肝機能障害などが報告されていますが、医学的根拠が乏しいものが多く、はっきりと「副作用」と定義付けることは出来そうもありません。

 

いずれも、「フィナステリド」を飲んでいなくても起こり得る症状であり、きちんとした生活習慣を身に着けていれば防ぐことが出来病気だと思います。

 

きちんとした生活習慣とは、適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠などです。

 

とかくストレスがたまりやすい現代社会の中で生活していると、自律神経の働きが悪くなり、うつ病や性欲減退、勃起不全などを引き起こします。

 

お酒やたばこでストレスを解消しようとすると、ついつい適量を超えてしまい胃や肝臓に負担がかかり、嘔吐や下痢、肝機能障害を引き起こしてしまいます。

 

「フィナステリド」の副作用と言われているもののほとんどが、「フィナステリド」を飲んでいなくても起こりうる病気なんですね。

 

女性が服用すると、不妊症になったり、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあると言うのも、医学的根拠の乏しいもののような気がします。

 

あえて副作用に挑戦する必要もありませんが、育毛の面からいっても、運動や食事、規則正しい生活を送る事が重要であることは確かでしょう。

 
トップへ戻る